日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

役員

理事長 島田 義也 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所
副理事長 松本 英樹 福井大学 医学系部門
副理事長 田代 聡 広島大学 原爆放射線医学研究所
副理事長 松本 義久 東京工業大学 先導原子力研究所
常任理事 今岡 達彦 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所
常任理事 小林 純也 京都大学大学院生命科学研究科 がん細胞生物学分野
理事 冨田 雅典 電力中央研究所 原子力技術研究所
理事 舟山 知夫 量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所
理事 細谷 紀子 東京大学大学院医学系研究科
監事 柿沼 志津子 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所
監事 立花 章 茨城大学 理学部

委員会

企画委員会

委員長 島田 義也 (量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所)
委員 岩崎利泰、大津留晶、大津山彰、甲斐倫明、柿沼志津子、酒井一夫、笹谷めぐみ、
   鈴木啓司、田内広、長谷川正俊、松田尚樹、三谷啓志
将来の検討及び本法人の事業活動を審議するとともに関連学会の活動状況を把握する。それを参考にして,本法人の短期的・中長期的課題を整理し,実現までのロードマップを作成する等,具体的かつ現実的な在り方及び諸方策を検討し,理事会に提案する。

財務委員会

委員長 田代 聡(広島大学 原爆放射線医学研究所)
委員 今岡達彦、小林純也、島田義也、冨田雅典、舟山知夫、細谷紀子、松本英樹、
   松本義久
学会の運営は、会員数が右肩上がりに増加する時代ではなく厳しい状況にありますが、みなさまの様々な努力によりなんとか収支の均衡が保たれています。
学会は、本来研究者が集い、当該研究分野の活性化を図るところです。しかし、支出を抑制するだけの守りの財務では、なかなか学会も元気が出てきません。これからは、会員数の増加や、様々な外部資金の獲得も心がけ、学会を活性化するための財務運営を目指します。

学術委員会、賞等選考委員会

委員長 今岡 達彦(量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所)
<学術委員会>
委員 稲波 修、坂田 律、松本智裕、三浦富智
<賞等選考委員会>
委員 秋山(張)秋梅、高橋昭久、立花 章、吉田光明
平成30〜31年度の賞等選考委員会及び学術委員会の委員長を拝命いたしました。優れた研究を顕彰・奨励することは、学会の生命である「人」に関わる重要な活動だと思っています。委員の先生のお力をいただいて、気を引き締めて実行したいと考えています。また、放射線影響の学術・研究に関わる学会活動を、これも委員の先生のお助けを頂きつつ実行していきたいと思います。

広報出版委員会

委員長 松本 義久(東京工業大学 先導原子力研究所)
論文紹介企画小委員会委員長 鈴木 正敏(東北大学 災害復興新生研究機構)
学会ホームページ・学会通信担当 松本 義久(東京工業大学 原子炉工学研究所)
副委員長 舟山知夫
委員 飯塚大輔、宇佐美徳子、鈴木正敏、細谷紀子、保田浩志
平成28,29年度に続いて広報出版委員会委員長を拝命することとなりました。引き続き、学会内部に向けては会員の皆様にとって有益な情報を、また、学会外に向けては本学会のプレゼンスを高める情報を発信して参ります。今期は、まず、放射線の人体影響に関する物理、化学、生物学、医学、疫学、測定、環境など幅広い分野の知のハブとなることを目指し、情報の集約と発信に努めたいと思います。また、一般の方々の放射線に関する疑問、関心に答えるとともに、他の分野の専門家や若い研究者、学生の皆さんに放射線影響科学に興味、関心を持ってもらえるよう、学会外へ向けての情報発信力の強化に取り組んで行きたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

編集委員会

担当理事 松本 英樹(福井大学 医学系部門)
委員長 児玉 靖司(大阪府立大学 理学系研究科)
委員 遠藤 暁、川西優喜、神田玲子、鹿園直哉、床次眞司、日出間純、細谷紀子、松本義久
Journal of Radiation Researchは、日本放射線影響学会(JRRS)と日本放射線腫瘍学会(JASTRO)が、世界に向けて放射線科学に関する研究成果を発信する学会公式誌です。1960年の発刊から58年間の伝統に支えられたこれまでの編集ポリシーを引き継ぎ、新規性があり、また質の高い論文を掲載する放射線関連学術誌としてより一層発展するよう励む所存ですので、ご協力をお願い致します。

規約委員会

委員長 小林 純也(京都大学大学院生命科学研究科 がん細胞生物学分野)
副委員長 立花 章
委員 秋山(張)秋梅、酒井一夫、長谷川正俊、廣内篤久、保田浩志
学会憲章では、「本学会が我が国における放射線に対する総合的な理解と学理追求の場であるとともに、世界の人達にとっても放射線科学研究ならびに情報発信の拠点である」と記しており、福島第一原子力発電所事故以降、学理追求とともに情報発信拠点としての役割は増大している。社会の信頼を得てこのような役割を果たしていくには、法人化した学会として定款・規程等の学会自身が定めたルールに則った運営をしていく必要がある。規約委員会はルールに則った学会運営を見守っていくとともに、学会活動の妨げになるような内容については会員皆の意見を反映して定款・規程等を適切に改正し、円滑な学会運営、将来にわたる学会の発展に貢献したいと考えております。

倫理委員会

担当理事 舟山 知夫(量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所)
委員長 細井 義夫(東北大学大学院医学系研究科)
委員 遠藤 暁、細谷紀子、松本英樹、三浦雅彦、宮川 清
前年度までの活動として、学会が主催する大会等での発表における利益相反の開示について検討を進めてきた経緯がありますので、その活動を発展させたいと考えています。臨床医学系の学会ではほぼ必ず利益相反に関する内容がホームページに掲載されており、一部の基礎系学会においても掲載されています。それらを参考としながら、(1)利益相反に関する内容と、(2)学会発表等での利益相反の開示に関するスライドの見本をホームページに掲載すべく、議論を進めていきたいと考えています。

放射線災害対応委員会

委員長 松本 英樹(福井大学 医学系部門)
委員 宇佐美徳子、小嶋光明、柿沼志津子、島田幹男、砂押正章、田内 広、中村麻子、
   平山亮一
2011年に起きた福島第一原発事故から7年という年月が経ちましたが、今もなお我が国は放射能汚染と事故炉の廃炉という課題に直面しています。福島第一原発事故により被災した国民の不安と心配に寄り添い、当委員会はQ&A対応グループ活動を中心とし、また「福島復興・廃炉推進に貢献する学協会連絡会(ANFURD)(http://www.anfurd.jp/)」の一員として、福島復興を担う青少年への放射線教育・啓発に尽力します。

教育研修委員会/市民公開講座担当

担当理事 田代 聡(広島大学 原爆放射線医学研究所)
委員長 野田 朝男(放射線影響研究所)
委員 近藤 隆、坂田 律、舟山知夫、松田尚樹
前任の舟山先生のあとを引き継ぎ、教育研修委員長および市民公開講座担当を拝命いたしました。この委員会では、放射線影響科学の教育と研修を通して会員や市民への啓蒙と放射線についての理解を深める事に努めたいと思います。具体的には学会における放射線教育ワークショップや、生物学と放射線疫学の交流会などを計画します。

グローバル化委員会

委員長 冨田 雅典(電力中央研究所 原子力技術研究所)
委員 酒井一夫、篠原美紀、田代 聡、坪井康次、吉永信治
グローバル化委員会では、関連学協会との連携と学会活動の国際化を推進します。年次大会時に関連学協会との合同企画シンポジウムを開催する他、2019年8月にはICRR2019が英国・マンチェスターで開催されることから、日本放射線研究連合等との連携を密にして、参加者への情報発信やサポートなどを行います。また、研究者相互の繋がりを深めるために、専門分化会活動なども提案・推進し、本学会のさらなる活性化に貢献したいと考えています。

キャリアパス・男女共同参画委員会

委員長 細谷 紀子(東京大学大学院医学系研究科)
委員 勝木陽子、砂田成章、冨田雅典、平山亮一、藤通有希、古谷寛治、緑川早苗、
   山内基弘、吉田由香里
放射線影響科学の発展のためには、多様な研究者の参画の推進と次世代研究者の育成が不可欠です。本委員会は、2014年に発足した男女共同参画WGを前身とし、2015年に専門委員会として設置された「若い」委員会です。今期も、年次大会でセミナーを開催し、キャリアパス・男女共同参画の課題を共有し、若手のキャリア支援を進める場として定着させていくとともに、今後、年次大会での託児室の設置が継続的に実現するよう尽力していきます。また、男女共同参画学協会連絡会のオブザーバー学協会として、引き続き、関連学会との連携や情報共有を進めていきます。キャリアパス・男女共同参画に関する本学会の取り組みは、残念ながら他学会と比較して遅れています。まずは、この問題をより多くの会員に理解していただき、本学会での活動を継続的なものとします。その取組として、大会時のセミナー・検討会の開催を継続するとともに、影響学会通信等を活用した情報発信を強化していきたいと思います。また、会員の皆様の声を科学技術政策に反映できるよう、関連学会との連携や情報交換などを進めていきます。ご協力いただけますようお願い申し上げます。

放射線リスク・防護検討委員会

担当理事 小林純也(京都大学大学院生命科学研究科 がん細胞生物学分野)
委員長 児玉靖司(大阪府立大学 理学系研究科)
委員 冨田雅典、中島裕夫、増永慎一郎、松本英樹、宮川 清
放射線リスク・防護検討委員会は、いくつかの放射線関連学会によって形成される放射線防護アカデミアによる課題解決型ネットワークに参加して互いに意見交換しながら、本学会の放射線安全規制研究への参画について具体的に立案します。今年度は、今後の放射線安全規制研究において、本学会員が主要な役割を果たすべき重点テーマを提案します。

書記

平山 亮一(量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所)

社員

飯塚 大輔
今岡 達彦
遠藤 暁
大津留 晶
甲斐 倫明
柿沼 志津子
神田 玲子
児玉 靖司
小林 純也
坂田 律
笹谷 めぐみ
島田 義也
鈴木 啓司
鈴木 正敏
田内 広
高田 穣
高橋 昭久
田代 聡
冨田 雅典
原田 浩
平山 亮一
舟山 知夫
細井 義夫
細谷 紀子
松浦 伸也
松田 尚樹
松本 英樹
松本 義久
三浦 雅彦
宮川 清