日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

キャリアパス・男女共同参画委員会

ここはキャリアパス・男女共同参画委員会の活動を紹介するページです。
一般社団法人日本放射線影響学会は、男女共同参画学協会連絡会のオブザーバー学協会です。

お知らせ

1)日本放射線影響学会 第5回キャリアパス・男女共同参画委員会企画セミナー

「放射線影響科学の明日のために 〜研究者のワークライフバランスとキャリアパスについて考える〜」のご案内

日本放射線影響学会第61回大会において、キャリアパス・男女共同参画委員会企画の第5回セミナーを開催します。今回は、「放射線影響科学の明日のために〜研究者のワークライフバランスとキャリアパスについて考える〜」と題して、①研究者のワークライフバランス、②放射線影響研究におけるキャリアパス(進路選択・留学など)をテーマとしたパネルディスカッションを行い、私たちが研究者人生を楽しみながら、そして、次世代以降の研究者が生き生きと成長しながら、放射線影響科学の明日を支えることができるようにするために、学会としてどのようなことが出来るのかをともに考えてみたいと思います。

日時:大会1日目 11月7日(水) 17:50-18:50
場所:日本放射線影響学会第61回大会B会場(長崎ブリックホール2F)
座長:細谷 紀子(東京大学)、冨田 雅典(電力中央研究所)
後援:男女共同参画学協会連絡会、若手放射線生物学研究会
軽食:サンドウィッチとお茶が無料で配布されます(先着50名)

*注意事項*
・参加には、日本放射線影響学会第61回大会への参加登録が必要です。
 詳しくは大会ホームページ:http://www.jrrs61-nagasaki.jpをご覧ください。

【パネル討論】
パネル討論1:研究者のワークライフバランス
パネル討論2:放射線影響研究におけるキャリアパス(進路選択・留学など)
パネリスト:氏家 里紗(福島県立医科大学)、菓子野 元郎(奈良県立医科大学)、鶴岡 千鶴(量子科学技術研究開発機構・放射線医学総合研究所)、古谷 寛治(京都大学)、横田 裕一郎(量子科学技術研究開発機構・高崎量子応用研究所)

2)日本放射線影響学会第61回大会での託児室利用申込受付中

2018年11月7日〜9日に長崎市ブリックホールで開催される日本放射線影響学会第61回大会(http://www.jrrs61-nagasaki.jp/)において、託児室を設置することになりました。

現在、託児室利用申込を受付中です。
ご利用をご希望される方は、「日本放射線影響学会第61回大会 託児室利用規約」の内容にご同意いただいた上で、規約に記載されている申込方法に従い、「託児連絡票」「託児同意書・申込書」を用いて、シッターサービス・ナナ合同会社に直接お申し込みください。

提出先:シッターサービス・ナナ合同会社 E-mail:hy@sitternana.com
申込期限:2018年10月19日(金)(ただし、定員<各日5名程度まで>になり次第、締め切らせていただきますのでお早目にお申込みください。)

活動内容

若手研究者のキャリアアップ・キャリアパスを支援する活動の企画、また、当学会における男女共同参画の実情を把握し、支援することを目的としています。

あゆみ

キャリアパス・男女共同参画委員会は、2014年度まで行ってきた若手支援活動の一環として設置された男女共同参画ワーキンググループを前身としています。ワーキンググループ有識者の意見を集めた際に、委員会設立の要望を受けてこれを理事会に提案し、法人移行後には専門委員会として承認されました。その際、若手支援のためのキャリアアップ、キャリアパスも含めたキャリアパス・男女共同参画という形になりました。

委員

委員長 細谷 紀子(東京大学)
委員  勝木 陽子(京都大学)
    砂田 成章(東京医科歯科大学)
    冨田 雅典(電力中央研究所)
    平山 亮一(量子科学技術研究開発機構)
    藤通 有希(電力中央研究所)
    古谷 寛治(京都大学)
    緑川 早苗(福島県立医科大学)
    山内 基弘(長崎大学)
    吉田 由香里(群馬大学)

これまでに実施した企画と歴代委員

2016〜2017年度 キャリアパス・男女共同参画委員会

委員長:冨田 雅典
委員:小原 麻希、戒田 篤志、笹谷 めぐみ、藤井 健太郎、藤通 有希、細谷 紀子、山内 基弘

■日本放射線影響学会第60回大会
第4回キャリアパス・男女共同参画委員会企画セミナー「放射線影響研究の次の10年のために、今できること・すべきこと」(2017/10/26)

座長:冨田 雅典(電力中央研究所)、細谷 紀子(東京大学)

【基調講演】
演題:学会発表における適正な女性研究者活躍の「見える化」を目指して
〜学会がやるべきこと、学会だからできること〜

講師:篠原 美紀(近畿大学・農学部)
【パネル討論】
パネル討論1:研究者のワークライフバランス
パネル討論2:放射線影響研究における進路選択・留学

パネリスト:
小原 麻希(量子科学技術研究開発機構・放射線医学総合研究所)
戒田 篤志(東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科)
笹谷 めぐみ(広島大学・原爆放射線医科学研究所)
藤井 健太郎(量子科学技術研究開発機構・量子ビーム科学研究部門)
藤通 有希(電力中央研究所・原子力技術研究所)
山内 基弘(長崎大学・原爆後障害医療研究所)

■日本放射線影響学会第59回大会
 「日本放射線影響学会 キャリアパス・男女共同参画委員会企画セミナー」(2016/10/28)

1.「昨年度までの活動とアンケート結果の総括」
座長:冨田 雅典(電力中央研究所)
講師:大塚 健介(電力中央研究所・原子力技術研究所・放射線安全研究センター, 前キャリアパス・男女共同参画担当理事)
2.「女性研究者支援-広島大学の取り組み-」
座長:冨田 雅典(電力中央研究所)
講師:森永 康子(広島大学副理事(男女共同参画担当),男女共同参画推進室長)

2015年度 キャリアパス・男女共同参画委員会

委員長:大塚 健介
委員:小林 純也、島田 幹男、中村 麻子、原田 浩、細谷 紀子、李 恵子

■富山ワークショップランチョンセミナー (2015/10/16~10/17)

1. 「富山大学における女性研究者支援と男女共同参画の取り組み」
座長:細谷 紀子(東京大学大学院医学系研究科)
講師:市田 蕗子(富山大学学長補佐・男女共同参画推進室長、富山大学附属病院・小児循環器内科・診療教授、女性医師支援室長)
2. 「若手研究者サバイバル大作戦」
座長:大塚 健介(電力中央研究所)
近藤 隆(富山大学 大学学長補佐、富山大学国際交流センター長、富山大学大学院医学薬学研究部・放射線基礎医学講座 教授)
3. 「JRR誌への論文投稿の状況」
座長:古澤 佳也(放射線医学総合研究所)
講師:笹井 啓資(順天堂大学医学部 放射線治療講座 教授)

2014年度 男女共同参画WG

事務局(委員長):大塚 健介
委員:秋山 秋梅、小林 純也、高橋 昭久、鶴岡 千鶴、中村 麻子、平山 亮一、舟山 知夫、細谷 紀子、前田 宗利、横谷 明徳、吉田 由香里

■日本放射線影響学会第57回大会「男女共同参画ワーキンググループ会合」(2014/10/1)

1.アンケート結果紹介(大塚 健介)
2.会員からの話題提供:細谷 紀子、横谷 明徳、小林 純也

意見募集

当委員会につきまして、ご意見・ご要望がございましたら、下記事務局宛てにご連絡ください。
e-mail: jimukyoku@jrrs.org

学会アンケートの結果

ここでは、キャリアパス・男女共同参画委員会、および前身の男女共同参画ワーキンググループが実施したアンケートの結果等をご紹介いたします。