日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 207件]
  • (20-003)

    食事に含まれるメチオニンはマウス発がんモデルのがん治療とヒトの代謝に影響を及ぼす

    Dietary methionine influences therapy in mouse cancer models and alters human metabolism

    Gao X, Sanderson SM, Dai Z, Reid MA, Cooper DE, Lu M, Richie JP Jr, Ciccarella A, Calcagnotto A, Mikhael PG, Mentch SJ, Liu J, Ables G, Kirsch DG, Hsu DS, Nichenametla SN, Locasale JW.

    Nature.572(7769): 397-401, 2019

    紹介者 中山 貴文  (長崎大学原爆後障害医療研究所)
      
    更新日 2020/02/07
  • (20-002)

    FLASH放射線治療法の神経認知合併症・神経炎症・神経形態への影響

    Long-term neurocognitive benefits of FLASH radiotherapy driven by reduced reactive oxygen species.

    Montay-Gruel P, Acharya MM, Petersson K, Alikhani L, Yakkala C, Allen BD, Ollivier J, Petit B, Jorge PG, Syage AR, Nguyen TA, Baddour AAD, Lu C, Singh P, Moeckli R, Bochud F, Germond JF, Froidevaux P, Bailat C, Bourhis J, Vozenin MC, Limoli CL.

    Proc Natl Acad Sci U S A.116, 10943-10951, 2019

    キーワード FLASH(高線量率超短時間照射) , 神経 , 活性酸素 , 炎症 , マウス
    紹介者 香崎 正宙  (産業医科大学産業生態科学研究所 )
      
    更新日 2020/02/07
  • (20-001)

    FLASH放射線治療法のブタ皮膚への影響と、ネコのがん治療効果

    The Advantage of FLASH Radiotherapy Confirmed in Mini-pig and Cat-cancer Patients.

    Vozenin MC, De Fornel P, Petersson K, Favaudon V, Jaccard M, Germond JF, Petit B, Burki M, Ferrand G, Patin D, Bouchaab H, Ozsahin M, Bochud F, Bailat C, Devauchelle P, Bourhis J

    Clin Cancer Res. 25, 35-42, 2019

    キーワード FLASH(高線量率超短時間照射) , 長期的影響 , ブタの皮膚 , ネコのがん , 皮膚症状
    紹介者 香崎 正宙  (産業医科大学産業生態科学研究所 )
      
    更新日 2020/02/07
  • (19-017)

    PCK1による代謝リプログラミングは肝臓がん細胞のTCAカタプレローシス、酸化ストレスならびにアポトーシスを促進し、肝細胞がんを抑制する

    Metabolic reprogramming by PCK1 promotes TCA cataplerosis, oxidative stress and apoptosis in liver cancer cells and suppresses hepatocellular carcinoma

    Liu MX, Jin L, Sun SJ, Liu P, Feng X, Cheng ZL, Liu WR, Guan KL, Shi YH, Yuan HX, Xiong Y

    Oncogene, 37(12): 1637-1653, 2018

    キーワード 肝臓がん , 糖新生 , PCK1 , アポトーシス , TCA回路
    紹介者 山本 久美子  (北海道大学大学院獣医学研究院放射線学教室)
      
    更新日 2019/12/11
  • (19-016)

    ドミナントネガティブ53BP1に融合したCRISPR-Cas9はCas9標的部位特異的にHDRを促進およびNHEJを阻害する

    CRISPR-Cas9 fusion to dominant-negative 53BP1 enhances HDR and inhibits NHEJ specifically at Cas9 target sites

    Jayavaradhan R, Pillis DM, Goodman M, Zhang F, Zhang Y, Andreassen PR, Malik P

    Nat Commun. 10:  2866, 2019

    キーワード CRISPR-Cas9 Systems , Genetic engineering , Biotechnology , Recombinational DNA Repair , DNA End-Joining Repair
    紹介者 大泉 昂之  (茨城大学大学院理工学研究科量子線科学専攻博士後期課程)
      
    更新日 2019/12/11
  • (19-015)

    スウェーデン血管腫コホートの乳がんにおける放射線が誘発するゲノム不安定性

    Radiation-induced genomic instability in breast carcinomas of the Swedish hemangioma cohort

    Biermann J, Langen B, Nemes S, Holmberg E, Parris TZ, Werner Rönnerman E, Engqvist H, Kovács A, Helou K, Karlsson P

    Genes Chromosomes Cancer. 58(9): 627-635, 2019

    キーワード スウェーデン , 血管腫 , 放射線治療 , 乳がん , ゲノム不安定性
    紹介者 多賀 正尊  (公益財団法人放射線影響研究所分子生物科学部)
      
    更新日 2019/11/05
  • (19-014)

    薬剤―ナノダイヤモンド複合体の腫瘍選択的取込は膵臓癌の治療成績を増加する

    Tumor selective uptake of drug-nanodiamond complexes improves therapeutic outcome

    Madamsetty VS, Sharma A, Toma M. Samaniego S. Gallud A. Wang E. Pal K. Mukhopadhyay D. Fadeel B.

    Nanomed Nanotech Bio. Med. 18: 112-121, 2019

    キーワード DDS , ナノダイヤモンド , Pancreatic ductal adenocarcinoma
    紹介者 神長 輝一  (量子科学技術研究開発機構量子生命科学領域次世代量子センサーグループ)
      
    更新日 2019/11/05
  • (19-013)

    RPAのリン酸化はDNA resectionを抑制する

    RPA Phosphorylation Inhibits DNA Resection

    Soniat MM, Myler LR, Kuo HC, Paull TT, Finkelstein IJ.

    Mol Cell. 75(1): 145-153, 2019

    キーワード DNA repair , RPA , BLM
    紹介者 磯野 真由  (名古屋大学環境医学研究所発生・遺伝分野)
      
    更新日 2019/09/05
  • (19-012)

    成体期腸幹細胞の起源をたどる

    Tracing the origin of adult intestinal stem cells

    Guiu J, Hannezo E, Yui S, Demharter S, Ulyanchenko S, Maimets M, Jørgensen A, Perlman S, Lundvall L, Mamsen LS, Larsen A, Olesen RH, Andersen CY, Thuesen LL, Hare KJ, Pers TH, Khodosevich K, Simons BD, Jensen KB

    Nature. 570(7759):107-111, 2019

    キーワード 幹細胞 , 胎仔 , 成体 , Lgr5
    紹介者 笹谷 めぐみ  (広島大学原爆放射線医科学研究所)
      
    更新日 2019/07/10
  • (19-011)

    生物学的被ばく線量評価の検証におけるヒト化マウスモデルシステムの利用

    Use of a Humanized Mouse Model System in the Validation of Human Radiation Biodosimetry Standards.

    Pujol-Canadell M, Young E, Smilenov L.

    Radiat Res. 191(5):439-446, 2019

    キーワード バイオドシメトリー , 二動原体染色体 , ヒト化マウスモデル
    紹介者 三浦 富智  (弘前大学大学院保健学研究科)
      
    更新日 2019/06/03