日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 185件]
  • (18-012)

    cox2 遺伝子領域の染色体構造の崩壊によって肺がん細胞の放射線感受性が高まる

    Disruption of chromosomal architecture of cox2 locus sensitizes lung cancer cells to radiotherapy

    Sun Y, Dai H, Chen S, Zhang Y, Wu T, Cao X, Zhao G, Xu A, Wang J, Wu L

    Mol. Ther. 26(10): 2456-2465, 2018

    キーワード 肺がん , 放射線治療 , アスピリン , cox2 , 染色体構造
    紹介者 多賀 正尊  (公益財団法人 放射線影響研究所 分子生物科学部)
      
    更新日 2018/11/22
  • (18-011)

    ParkinとPINK1はSTINGにより誘導される炎症を軽減する

    Parkin and PINK1 mitigate STING-induced inflammation

    Sliter DA, Martinez J, Hao L, Chen X, Sun N, Fischer TD, Burman JL, Li Y, Zhang Z, Narendra DP, Cai H, Borsche M, Klein C, Youle RJ

    Nature 561(7722): 258-262, 2018

    キーワード マイトファジー , inflammation , cGAS-STING
    紹介者 笹谷 めぐみ  (広島大学原爆放射線医科学研究所)
      
    更新日 2018/11/22
  • (18-010)

    DNA修復プロセスはp53依存的な腫瘍抑制機構における重要なメディエーターである

    DNA repair processes are critical mediators of p53-dependent tumor suppression.

    Janic A, Valente LJ, Wakefield MJ, Di Stefano L, Milla L, Wilcox S, Yang H, Tai L, Vandenberg CJ, Kueh AJ, Mizutani S, Brennan MS, Schenk RL, Lindqvist LM, Papenfuss AT, O'Connor L, Strasser A, Herold MJ

    Nat. Med. 24(7): 947-953, 2018

    キーワード p53 , DNA損傷修復遺伝子 , 発がん , リンパ腫/白血病
    紹介者 砂押 正章  (国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所放射線影響研究部)
      
    更新日 2018/10/29
  • (18-009)

    ヒト及び動物モデルの線量応答解析に基づく複合放射線場の光子等効果線量:頭頸部がんホウ素中性子捕捉療法への臨床応用

    Photon iso-effective dose for cancer treatment with mixed field radiation based on dose-response assessment from human and an animal model: clinical application to boron neutron capture therapy for head and neck cancer

    González SJ, Pozzi ECC, Monti Hughes A, Provenzano L, Koivunoro H, Carando DG, Thorp SI, Casal MR, Bortolussi S, Trivillin VA, Garabalino MA, Curotto P, Heber EM, Santa Cruz GA, Kankaanranta L, Joensuu H, Schwint AE

    Phys. Med. Biol. 62: 7938-7958, 2017

    キーワード Boron neutron capture therapy , Photon iso-effective dose , Treatment planning , TCP , NTCP
    紹介者 佐藤 達彦  (日本原子力研究開発機構)
      
    更新日 2018/10/29
  • (18-008)

    クロマチンリモデリング因子CHD1のN末端のモチーフはDNA損傷シグナルの初期応答に必要である

    Human CHD1 is required for early DNA-damage signaling and is uniquely regulated by its N terminus

    Zhou J, Li J, Serafim RB, Ketchum S, Ferreira CG, Liu JC, Coe KA, Prrice BD, Yusufzai T

    Nucleic Acids Res., 46(8): 3891–3905, 2018

    キーワード CHD1 , CHD2 , DNA損傷修復 , CtIP , γH2AX
    紹介者 香川 望  (東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系原子核工学コース)
      
    更新日 2018/08/27
  • (18-007)

    炭素イオンビーム照射したモデル植物シロイヌナズナにおける突然変異の全ゲノム解析

    Identification of substitutions and small insertion-deletions induced by carbon-ion beam irradiation in Arabidopsis thaliana

    Du Y, Luo S, Li X, Yang J, Cui T, Li W, Yu L, Feng H, Chen Y, Mu J, Chen X, Shu Q, Guo T, Luo W, Zhou L

    Front. Plant Sci. 8: 1851, 2017

    キーワード イオンビーム育種 , 炭素線 , シロイヌナズナ , 突然変異 , 次世代シーケンサー
    紹介者 横田 裕一郎  (量子科学技術研究開発機構高崎量子応用研究所放射線生物応用研究部)
      
    更新日 2018/03/15
  • (18-006)

    マウスのOsteomacは巨核球や骨芽細胞と協調して造血幹細胞の制御にあたる

    Osteomacs interact with megakaryocytes and osteoblasts to regulate murine hematopoietic stem cell function.

    Safa F. Mohamad, Linlin Xu, Joydeep Ghosh, Paul J. Childress, Irushi Abeysekera, Evan R. Himes, Hao Wu, Marta B. Alvarez, Korbin M. Davis, Alexandra Aguilar-Perez, Jung Min Hong, Angela Bruzzaniti, Melissa A. Kacena and Edward F. Srour

    Blood Adv. 1(26): 2520-2528, 2017

    キーワード 造血幹細胞 , 骨芽細胞性ニッチ , Osteomac , 巨核球 , 骨芽細胞
    紹介者 廣内 篤久  (環境科学技術研究所生物影響研究部)
      
    更新日 2018/03/01
  • (18-005)

    間葉系間質細胞由来の細胞外小胞は、造血幹細胞移植なしで全身性放射線曝露個体の長期生存を可能にする

    Mesenchymal Stromal Cell-Derived Extracellular Vesicles Provide Long-Term Survival After Total Body Irradiation Without Additional Hematopoietic Stem Cell Support.

    Schoefinius JS, Brunswig-Spickenheier B, Speiseder T, Krebs S, Just U, Lange C.

    Stem Cells. 35(12):2379-2389, 2017

    キーワード 間葉系間質細胞 , 細胞外小胞 , 致死線量放射線曝露個体 , マクロファージ極性化 , 造血幹/前駆細胞
    紹介者 山口 平  (弘前大学大学院保健学研究科放射線技術科学領域)
      
    更新日 2018/03/01
  • (18-004)

    書評:エネルギーの視点から見た放射線 〜強(こわ)くて、恐(こわ)いけど、怖(こわ)くない

    -

    田辺 哲朗

    総頁数:178ページ (本体2,700円+税)、2018年1月25日、九州大学出版会

    紹介者 廣内 篤久  (環境科学技術研究所生物影響研究部)
    横田 裕一郎  (量子科学技術研究開発機構高崎量子応用研究所)
    更新日 2018/03/01
  • (18-003)

    miR-139-5pは乳癌の放射線療法に対する抵抗性を調節する

    miR-139-5p Modulates Radiotherapy Resistance in Breast Cancer by Repressing Multiple Gene Networks of DNA Repair and ROS Defense

    Pajic M, Froio D, Daly S, Doculara L, Millar E, Graham PH, Drury A, Steinmann A, de Bock CE, Boulghourjian A, Zaratzian A, Carroll S, Toohey J, O'Toole SA, Harris AL, Buffa FM, Gee HE, Hollway GE, Molloy TJ

    Cancer Res. 78(2):501-515, 2018

    キーワード miRNA , breast cancer , radiotherapy resistance
    紹介者 河村 香寿美  (京都大学人間・環境学研究科、放射線生物研究センターゲノム動態研究部門)
      
    更新日 2018/01/29