日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 256件]
  • (07-008)

    低線量放射線照射されたマウス皮膚上皮細胞において、転写因子NFkB とMnSODは放射線適応耐性を仲介する。

    Nuclear Factor -kB and Manganese Surperoxide Dismutase Mediate Adaptive Radioresistance in Low-Dose Irradiated Mouse Skin Cells

    Fan M, Ahmed KM, Coleman MC, Spitz DR, Li JJ.

    Cancer Res. 67, 3220 - 3228, 2007.

    キーワード 放射線適応応答 , ストレス応答 , 2014/3/3 , NFκB , cyclin B
    紹介者 堀 岳史  (富山大学大学院医学薬学研究部 整形外科学・運動器病学講座)
    近藤 隆  (富山大学大学院医学薬学研究部 放射線基礎医学講座)
    更新日 2007/05/03
  • (07-007)

    非形質転換細胞への低線量放射線照射はアポトーシスの細胞間誘導を介して前癌細胞の選択的な除去を活性化する

    Low-dose Irradiation of Nontransformed Cells Stimulates the Selective Removal of Precancerous Cells via Intracellular Induction of Apoptosis

    Portess DI, Bauer G, Hill MA, O'Neill P.

    Cancer Res. 67, 1246-1253, 2007.

    キーワード 放射線 , アポトーシス , TGFβ , ROS , NO
    紹介者 田中 修平  (富山大学大学院医学薬学研究部 放射線基礎医学講座)
    近藤 隆  (富山大学大学院医学薬学研究部 放射線基礎医学講座)
    更新日 2007/05/03
  • (07-006)

    大腸癌細胞に対するアゴニスト様TRAIL受容体抗体HGS-ETR1、HGS-ETR2と放射線治療の併用療法: in vitroにおけるアポトーシス増強効果および、in vivoにおける線量依存に腫瘍増殖抑制効果

    Combined treatment of colorectal tumours with agonistic TRAIL receptor antibodies HGS-ETR1 and HGS-ETR2 and radiotherapy: enhanced effects in vitro and dose-dependent growth delay in vivo

    Marini P, Denzinger S, Schiller D, Kauder S, Welz S, Humphreys R, Daniel PT, Jendrossek V, Budach W, Belka C.

    Oncogene 25, 5145-5154, 2006.

    キーワード TRAIL , 癌標的 , DNA損傷 , アポトーシス , 放射線
    紹介者 堀 岳史  (富山大学大学院医学薬学研究部 放射線基礎医学講座)
    近藤 隆  (富山大学大学院医学薬学研究部 放射線基礎医学講座)
    更新日 2007/04/01
  • (07-005)

    Hsp70は膵癌における癌増殖を促進し,アポトーシスを抑制する

    Heat shock protein 70 increases tumorigenicity and inhibits apoptosis in pancreatic adenocarcinoma

    Aghdassi A, Phillips P, Dudeja V, Dhaulakhandi D, Sharif R, Dawra R, Lerch MM, Saluja A.

    Cancer Res. 67, 616-625, 2007.

    キーワード ストレス , ケルセチン , シャペロン , アポトーシス , 癌
    紹介者 吉田 徹  (富山大学大学院医学薬学研究部 消化器・腫瘍総合外科学講座)
    近藤 隆  (富山大学大学院医学薬学研究部 放射線基礎医学講座)
    更新日 2007/03/20
  • (07-004)

    ATM/ATR,Chk2と結合する新たなタンパク質:Che-1

    Che-1 phosphorylation by ATM/ATR and Chk2 kinase activates p53 transcription and the G2/M checkpoint

    Bruno T, De Nicola F, Iezzi S, Lecis D, D'Angelo C, Di Padova M, Corbi N, Dimiziani L, Zannini L, Jekimovs C, Scarsella M, Porrello A, Chersi A, Crescenzi M, Leonetti C, Khanna KK, Soddu S, Floridi A, Passananti C, Delia D, Fanciulli M.

    Cancer Cell, 10, 473-486, 2006.

    キーワード RNAポリメラーゼ , DNA損傷 , p53 , チェックポイント , 癌治療
    紹介者 友田 義崇  (東大/院医/疾患生命/放射線)
      
    更新日 2007/03/06
  • (07-003)

    膠腫肝細胞はDNA障害に対する反応を活性化することにより放射線抵抗性を獲得する

    Glioma stem cells promote radioresistance by preferential activation of DNA damage response

    Bao S, Wu Q, McLendon RE, Hao Y, Shi Q, Hjelmeland AB, Dewhirst MW, Bigner DD, Rich JN.

    Nature, 444, 756-760, 2006.

    キーワード 悪性神経膠腫 , CD133 , 癌幹細胞 , 神経幹細胞 , チェックポイント
    紹介者 笹野 仲史  (東京大学医学部附属病院放射線科/大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター放射線研究領域)
      
    更新日 2007/03/06
  • (07-002)

    プロアポトーシス蛋白質の阻害とmTORシグナリングを介するがん治療のためのオートファジー

    Autophagy for cancer therapy through inhibition of pro-apoptotic proteins and mammalian target of rapamaycin signaling

    Kim KW, Mutter RW, Cao C, Albert JM, Freeman M, Hallahan DE, Lu B.

    J Biol Chem. 281, 36883-36890, 2006.

    キーワード オートファジー , mTOR , アポトーシス , PTEN , Bax
    紹介者 近藤 隆  (富山大・院医薬研・放射線基礎医学)
      
    更新日 2007/03/06
  • (07-001)

    DNA修復における53BP1およびCrb2のメチル化状態特異的ヒストン認識の構造学的解析

    Structural Basis for the Methylation State-Specific Recognition of Histone H4-K20 by 53BP1 and Crb2 in DNA Repair

    Botuyan MV, Lee J, Ward IM, Kim J, Thompson JR, Chen J, Mer G.

    Cell, 127, 1361-573, 2006.

    キーワード クロマチン , ヒストン , メチル化 , DNA損傷 , 53BP1
    紹介者 鈴木 啓司  (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
      
    更新日 2007/03/06
  • (06-006)

    ATMとp53をつなぐ新たな役者:COP1

    ATM engages autodegradation of the E3 ubiquitin ligase COP1 after DNA damage

    Dornan D, Shimizu H, Mah A, Dudhela T, Eby M, O'rourke K, Seshagiri S, Dixit VM.

    Science, 313, 1122-1126, 2006.

    キーワード RING , ユビキチン化 , p53 , DNA損傷 , ATM
    紹介者 松本 義久  (東大・院医・疾患生命・放射線)
      
    更新日 2006/01/01
  • (06-005)

    ミスマッチ修復:MutLの隠れた本性

    Endonucleolytic Function of MutLa in Human Mismatch Repair

    Kadyrov FA, Dzantiev L, Constantin N, Modrich P.

    Cell 126, 297-308, 2006.

    キーワード ミスマッチ修復 , PCNA , RFC , DNA複製 , MutS
    紹介者 増田 雄司  (広島大学原医研)
      
    更新日 2006/01/01