日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 248件]
  • (09-002)

    H2AXのC末端にまつわる新たな知見:WSTFによるTyr142のリン酸化

    WSTF regulates the H2A.X DNA damage response via a novel tyrosine kinase activity

    Xiao A, Li H, Shechter D, Ahn SH, Fabrizio LA, Erdjument-Bromage H, Ishibe-Murakami S, Wang B, Tempst P, Hofmann K, Patel DJ, Elledge SJ, Allis, CD

    Nature 457, 57-62, 2009

    キーワード H2AX , リン酸化 , WSTF , SNF2h , DNA損傷
    紹介者 松本 義久  (東京工業大学原子炉工学研究所物質工学部門)
      
    更新日 2009/02/12
  • (09-001)

    BRCA1欠損はPTENを変異させて基底様(basal-like)乳がんを起こす

    Recurrent gross mutations of the PTEN tumor suppressor gene in breast cancers with deficient DSB repair

    Saal LH, Gruvberger-Saal SK, Persson C, Lovgren K, Jumppanen M, Staaf J, Jonsson G, Pires MM, Maurer M, Holm K, Koujak S, Subramaniyam S, Vallon-Christersson J, Olsson H, Su T, Memeo L, Ludwig T, Ethier SP, Krogh M, Szabolcs M, Murty VV, Isola J, Hibshoosh H, Parsons R, Borg A.

    Nat. Genet. 40, 102-107, 2008

    キーワード BRCA1 , PTEN , 乳がん
    紹介者 今岡 達彦  (放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター・発達期被ばく影響研究グループ)
      
    更新日 2009/02/12
  • (08-005)

    腫瘍組織内の間葉系幹細胞は乳がんの転移を促す

    Mesenchymal stem cells within tumour stroma promote breast cancer metastasis

    Karnoub AE, Dash AB, Vo AP, Sullivan A, Brooks MW, Bell GB, Richardson AL, Polyak K, Tubo R, Weinberg RA.

    Nature, 449, 557-565, 2007.

    キーワード 乳がん , 癌幹細胞 , 液性因子 , 転移 , 悪性化
    紹介者 菓子野 元郎  (京都大学原子炉実験所)
      
    更新日 2008/10/21
  • (08-004)

    腫瘍組織内の間葉系幹細胞は乳がんの転移を促す

    Synergistic response to oncogenic mutations defines gene class critical to cancer phenotype

    McMurray HR, Sampson ER, Compitello G, Kinsey C, Newman L, Smith B, Chen SR, Klebanov L, Salzman P, Yakovlev A, Land H.

    Nature, 453, 1112-1116, 2008

    キーワード 癌化 , Ras , p53 , アポトーシス , シグナル伝達
    紹介者 冨田 雅典  (電力中央研究所原子力技術研究所放射線安全研究センター)
      
    更新日 2008/09/01
  • (08-003)

    DNA損傷時に細胞生存を促すDNA-PKーPKBα/Akt1パスウェイ

    PKBa/Akt1 acts downstream of DNA-PK in the DNA double-strand break response and promotes survival

    Bozulic L, Surucu B, Hynx D, Hemmings BA.

    Proc Natl Acad Sci USA, 105, 5117-512, 2008.

    キーワード PKB , DNA-PK , DNA損傷 , Akt , 細胞死
    紹介者 松本 義久  (東京工業大学原子炉工学研究所物質工学部門)
      
    更新日 2008/05/14
  • (08-002)

    Ku70とBaxの関係のもう一つの側面

    Regulation of the proapoptotic factor Bax by Ku70-dependent deubiquitilation

    Amsel AD, Rathaus M, Kronman N, Cohen HY.

    Proc Natl Acad Sci USA, 105, 5117-512, 2008.

    キーワード アポトーシス , ユビキチン化 , DNA損傷 , KU70 , Bax
    紹介者 松本 義久  (東京工業大学原子炉工学研究所物質工学部門)
      
    更新日 2008/04/18
  • (08-001)

    ゲノム監視機構で見た組織幹細胞のstemnessの維持

    Stem cell defects in ATM-deficient undifferentiated spermatogonia through DNA damage-induced cell-cycle arrest

    Takubo K, Ohmura M, Azuma M, Nagamatsu G, Yamada W, Arai F, Hirao A, Suda T.

    Cell Stem Cell, 2, 170-182, 2008.

    キーワード 精原幹細胞 , ATM , p21 , INK4A , p53
    紹介者 大塚 健介  (電力中央研究所原子力技術研究所放射線安全研究センター)
      
    更新日 2008/04/18
  • (07-013)

    リン酸化世界とユビキチン化世界をつなぐ架け橋:RNF8 ユビキチンリガーゼ

    RNF8 Ubiquitylates Histones at DNA Double-Strand Breaks and Promotes Assembly of Repair Proteins

    Mailand N, Bekker-Jensen S, Faustrup H, Melander F, Bartek J, Lukas C, Lukas J.

    Cell, 131, 887-900, 2007.

    キーワード DNA損傷 , 53BP1 , BRCA1 , MDC1 , ヒストン
    紹介者 松本 義久  (東京工業大学原子炉工学研究所)
      
    更新日 2007/12/26
  • (07-012)

    水素は選択的に細胞毒性酸素ラジカルを減らすことにより治療的抗酸化剤として働く。

    Hydrogen Acts as a Therapeutic Antioxidant by Selectively Reducing Cytotoxic Oxygen Radicals

    Ohsawa I, Ishikawa M, Takahashi K, Watanabe M, Nishimaki K, Yamagata K, Katsura K, Katayama Y, Asoh S, Ohta S.

    Nat Med. 13, 688-694, 2007.

    キーワード スーパーオキシド , ミトコンドリア , ヒドロキシラジカル , 水素 , 還元
    紹介者 小川 良平  (富山大学大学院医学薬学研究部 放射線基礎医学講座)
    近藤 隆  (富山大学大学院医学薬学研究部 放射線基礎医学講座)
    更新日 2007/07/04
  • (07-011)

    神経膠腫の幹細胞はDNA損傷応答を選択的に活性化することにより放射線抵抗性を促進する

    Glioma Stem Cell Promote Radioresistance by Preferential Activation of the DNA Damage Response

    Bao S, Wu Q, McLendon RE, Hao Y, Shi Q, Hjelmeland AB, Dewhirst MW, Bigner DD, Rich JN.

    Nature, 444, 756-760, 2006.

    キーワード グリオブラストーマ , 癌幹細胞 , CD133 , DNA損傷 , ATM
    紹介者 高崎 一朗  (富山大学生命科学先端研究センター)
    近藤 隆  (富山大学大学院医学薬学研究部 放射線基礎医学講座)
    更新日 2007/06/20