日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 248件]
  • (10-015)

    複製ストレス下の染色体複製未完了領域はM期を越えて次のG1期で53BP1が集積し保護される

    53BP1 nuclear bodies form around DNA lesions generated by mitotic transmission of chromosomes under replication stress.

    Lukas C, Savic V, Bekker-Jensen S, Doi Cl, Neumann B, Pedersen RS, Grofte M, Chan KL, Hickson ID, Bartek J, Lukas J.

    Nat Cell Biol. 13, 243-253, 2011.

    キーワード 複製ストレス , 53BP1 , USB , BLM , Fragile site
    紹介者 高田 穣  (京都大学放射線生物研究センター)
      
    更新日 2011/03/31
  • (10-014)

    RNF20依存的なH2Bのユビキチン化による相同組換え修復の制御

    Regulation of homologous recombination by RNF20-dependent H2B ubiquitination.

    Nakamura K, Kato K, Kobayashi J, Yanagihara H, Sakamoto S, Oliveira DVNP, Shimada M, Tauchi H, Suzuki H, Tashiro S, Zou L, Komatsu K.

    Mol Cell. 41, 515-528, 2011.

    キーワード ヒストン , ユビキチン化 , RNF20 , NBS1 , クロマチンリモデリング
    紹介者 中村 恭介  (京都大学放射線生物研究センター)
      
    更新日 2011/03/07
  • (10-013)

    癌発生の形質転換における、ポリコームとSWI/SNF複合体との拮抗的な作用機序

    Epigenetic antagonism between polycomb and SWI/SNF complexes during oncogenic transformation.

    Wilson BG, Wang X, Shen X, McKenna ES, Lemieux ME, Cho YJ, Koellhoffer EC, Pomeroy SL, Orkin SH, Roberts CW.

    Cancer Cell. 18, 316-328, 2010.

    キーワード エピジェネティック , クロマチンリモデリング , ポリコーム , SNF5 , 発がん
    紹介者 伊東 涼香  (京都大学放射線生物研究センター)
      
    更新日 2010/12/04
  • (10-012)

    ATRによるMLLのリン酸化は、哺乳類におけるS期チェックポイントに重要である

    Phosphorylation of MLL by ATR is required for execution of mammalian S-phase checkpoint.

    Liu H, Takeda S, Kumar R, Westergard TD, Brown EJ, Pandota TK, Cheng EHY, Hsieh JJ

    Nature 467,343-436, 2010.

    キーワード 白血病 , MLL , ATR , チェックポイント , S期
    紹介者 茂地 智子  (京都大学放射線生物研究センター)
      
    更新日 2010/11/27
  • (10-011)

    チェックポイントキナーゼRad53によるSld3とDbf4のリン酸化が複製ストレス後のlate origin firingを抑制する

    Checkpoint-dependent inhibition of DNA replication initiation by Sld3 and Dbf4 phosphorylation.

    Zegerman P, Diffley JF.

    Nature. 467, 474-478.

    キーワード Rad53 , チェックポイント , DNA複製 , 酵母 , S期
    紹介者 高田 穣  (京都大学放射線生物研究センター)
      
    更新日 2010/11/18
  • (10-010)

    チェックポイントクランプ9-1-1のユビキチン化はRad6-Rad18とDNA損傷と無関係に起こる!

    Ubiquitylation of the 9-1-1 Checkpoint Clamp Is Independent of Rad6-Rad18 and DNA Damage.

    Davies AA, Neiss A and Ulrich HD

    Cell 141, 1080-1087, 2010.

    キーワード Rad17 , ユビキチン化 , チェックポイント , 9-1-1 , DNA損傷
    紹介者 福地 命  (東京工業大学原子炉工学研究所)
    松本 義久 
    更新日 2010/11/18
  • (10-009)

    染色分体の非対称な分裂

    Identification of sister chromatids by DNA template strand sequences.

    Falconer E, Chavez EA, Henderson A, Poon, SSS, McKinney S, Brown L, Huntsman DG, Lansdorp PM.

    Nature 463, 93-97, 2010.

    キーワード 染色体 , メジャーサテライ , 反復配列 , セントロメア , 姉妹染色分体
    紹介者 今岡 達彦  (放射線医学総合研究所放射線防護研究センタ-)
      
    更新日 2010/10/02
  • (10-008)

    Rad6 DDT経路は、複製フォークとは独立にS期以外でも機能している

    The RAD6 DNA Damage Tolerance Pathway Operates Uncoupled from the Replication Fork and Is Functional Beyond S Phase.

    Karras GI, Jentsch S.

    Cell. 2010 Apr 16;141(2):255-67.

    キーワード DNA損傷 , 複製フォーク , Rad6 , PCNA , Rad18
    紹介者 日々 勇祐  (東京大学新領域創成科学研究科)
    山本 亮平  (大阪府立大学生命環境科学研究科)
    更新日 2010/08/28
  • (10-007)

    脱SUMO化酵素SENP6は、RPA70の脱SUMO-2/3化を介して相同組換えを抑制する

    Regulation of DNA repair through deSUMOylation and SUMOylation of replication protein A complex.

    Dou H, Huang C, Singh M, Carpenter PB, Yeh ETH.

    Mol. Cell, 39, 333-345, 2010

    キーワード SUMO化 , 相同組換え , SENP6 , RPA70 , DNA複製
    紹介者 茂木 章  (京都大学医学研究科)
      
    更新日 2010/08/26
  • (10-006)

    PNKP遺伝子の変異による小頭症とけいれんを呈する新たな遺伝性疾患

    Mutations in PNKP cause microcephaly, seizures and defects in DNA repair.

    Shen J, Gilmore EC, Marshall CA, Haddadin M, Reynolds JJ, Eyaid W, Bodell A, Barry B, Gleason D, Allen K, Ganesh VS, Chang BS, Grix A, Hill RS, Topcu M, Caldecott KW, Barkovich AJ, Walsh CA.

    Nature Genetics, 42, 245-249, 2010.

    キーワード PNKP , 小頭症 , MCSZ , DNA損傷 , 放射線感受性
    紹介者 今道 祥二  (東京工業大学原子炉工学研究所)
    松本 義久 
    更新日 2010/08/09