日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 256件]
  • (23-002)

    低線量放射線は、腸内微生物叢によるPA-PYCR1軸を介した高脂肪食誘発代謝障害を悪化させる

    Low-dose radiation exaggerates HFD-induced metabolic dysfunction by gut microbiota through PA-PYCR1 axis

    Ju Z, Guo P, Xiang J, Lei R, Ren G, Zhou M, Yang X, Zhou P, Huang R

    Commun Biol, 5(1): 945, 2022

    キーワード 低線量放射線 , 高脂肪食 , 腸内微生物叢 , 代謝障害 , インスリン抵抗性
    紹介者 橘 拓孝  (千葉大学大学院理学研究院)
      
    更新日 2023/01/26
  • (23-001)

    書評:東京大学工学教程 原子力工学 放射線生物学

    上坂充、石川顕一

    総頁数:148ページ (本体2,500円+税)、2022年9月発行、丸善出版、ISBN:978-4-621-30751-9

    紹介者 安井 博宣  (北海道大学大学院獣医学研究院放射線学教室)
      
    更新日 2023/01/26
  • (22-012)

    放射線被ばく者からのマルチオミクス解析は放射線防護性の微生物と代謝物を明らかにする

    Multi-omics analyses of radiation survivors identify radioprotective microbes and metabolites

    Guo H, Chou WC, Lai Y, Liang K, Tam JW, Brickey WJ, Chen L, Montgomery ND, Li X, Bohannon LM, Sung AD, Chao NJ, Peled JU, Gomes ALC, van den Brink MRM, French MJ, Macintyre AN, Sempowski GD, Tan X, Sartor RB, Lu K, Ting JPY

    Science, 370(6516): eaay9097, 2020

    キーワード 腸内細菌叢 , 放射線防護 , ラクノスピラ科 , 短鎖脂肪酸 , トリプトファン代謝物
    紹介者 北畠 和己  (東京理科大学 薬学部 薬学科)
      
    更新日 2022/12/15
  • (22-011)

    放射線感受性におけるp53機能を介したメカニズムとしてのフェロトーシス

    Ferroptosis as a mechanism to mediate p53 function in tumor radiosensitivity

    Lei G, Zhang Y, Hong T, Zhang X, Liu X, Mao C, Yan Y, Koppula P, Cheng W, Sood AK, Liu J, Gan B

    Oncogene, 40: 3533-3547, 2021

    キーワード 放射線感受性 , p53 , フェロトーシス
    紹介者 戒田 篤志  (東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科歯科放射線診断・治療学分野)
      
    更新日 2022/12/15
  • (22-010)

    酸化セラミダーゼは老化細胞の生存を促進する

    Acid ceramidase promotes senescent cell survival

    Carlos-Anerillas RM, Rossi M, Tsitsipatis D, Martindale JL, Herman AB, Yang JH, Roberts JA, Varma VA, Pandey PR, Thambisetty M, Gorospe M, Abdelmohsen K

    Aging, 13(12): 15750-15769, 2021

    キーワード 酸性セラミダーゼ , スフィンゴ脂質 , 細胞老化 , 老化除去剤 , 細胞老化随伴分泌現象
    紹介者 小池 瞳  (麻布大学獣医学部生化学研究室)
      
    更新日 2022/11/15
  • (22-009)

    Lamin B1は53BP1を捕捉することでDNA損傷部位へのリクルートを制御する

    Lamin B1 sequesters 53BP1 to control its recruitment to DNA damage

    Etourneaud L, Moussa A, Rass E, Genet D, Willaume S, Okumura CC, Wanschoor P, Picotto J, Thézé B, Dépagne J, Veaute X, Dizet E, Busso D, Barascu A, Irbah L, Kortulewski T, Campalans A, Chalony CL, Justin SZ, Scully R, Pennarun G, Bertrand P

    Sci Adv, 7(35): eabb3799, 2021

    キーワード DNA repair , Lamin B1 , 53BP1
    紹介者 明道 友希  (茨城大学大学院理工学研究科量子線科学専攻)
      
    更新日 2022/11/15
  • (22-008)

    HELQとHR修復関連タンパク質RAD51/RPAとの相互作用メカニズムの解明

    HELQ is a dual-function DSB repair enzyme modulated by RPA and RAD51

    Roopesh Anand, Erika Buechelmaier, Ondrej Belan, Matthew Newton, Aleksandra Vancevska, Artur Kaczmarczyk, Tohru Takaki, David S. Rueda, Simon N Powell, and Simon J Boulton

    Nature, 601: 268–273, 2022

    キーワード DNA二本鎖切断 , 相同組換え修復 , 代替末端結合 , 一本鎖アニーリング , HELQ
    紹介者 村松  麗斗  (東京工業大学)
      
    更新日 2022/10/12
  • (22-007)

    膠芽腫におけるアルキル化剤と放射線を用いた既存の治療法に対するPLK1阻害剤の併用効果

    Combinatorial Effect of PLK1 Inhibition with Temozolomide and Radiation in Glioblastoma

    Arvind Pandey, Satyendra C Tripathi, Junhua Mai, Samir M Hanash, Haifa Shen, Sankar Mitra, and Robert C Rostomily

    Cancers, 13(20): 5114, 2021

    キーワード PLK1 , 阻害剤 , 膠芽腫 , 放射線治療 , 併用療法
    紹介者 水戸谷 理沙  (東京工業大学)
      
    更新日 2022/09/07
  • (22-006)

    水晶体細胞モデルを用いた低線量放射線に対する初期反応の解析

    Early Responses to Low-Dose Ionizing Radiation in Cellular Lens Epithelial Models

    Ahmadi M, Barnard S, Ainsbury E, Kadhim M.

    Radiat Res, 197(1): 78-91, 2021

    キーワード 水晶体 , 放射線 , 細胞影響 , 白内障
    紹介者 石川 諒椰  (東北大学災害科学国際研究所)
      
    更新日 2022/03/25
  • (22-005)

    長期にわたる低線量/低線量率の電離放射線とシミュレートされた微小重力による免疫学的および血液学的な影響

    Immunological and hematological outcomes following protracted low dose/low dose rate ionizing radiation and simulated microgravity

    Paul AM, Overbey EG, da Silveira WA, Szewczyk N, Nishiyama NC, Pecaut MJ, Anand S, Galazka JM, Mao XW.

    Sci Rep, 11(1):11452, 2021

    キーワード radiation , microgravity , space , immunology , hematology
    紹介者 北畠 和己  (東京理科大学薬学部)
      
    更新日 2022/03/25